店長のブログ

脱毛前後に保湿が大事な理由・その1

保湿は肌に潤いを与えるだけではなく、肌を健やかに保つ役割も持っています。
乾燥した肌は荒れやすくガサガサになることでわかるように、潤いのない状態は肌を守るバリアがないため、ダメージや痛みに対して弱くなっています。

脱毛はどのような方法でも、少なからず肌にダメージを与える可能性があります。
そのため、脱毛前にしっかりと保湿を行い、肌を健康にしておくことが重要です。

また、脱毛前の保湿をきちんと行うと、光脱毛による光が通りやすくなるメリットが得られます。
光が毛根にしっかりと到達できれば、脱毛の効率が上がり効果が期待できます。

脱毛前だけではなく脱毛後もしっかりと保湿をする必要があります。
脱毛後は肌がダメージを受けている状態なので、化粧水などで肌をケアしなければなりません。

光脱毛によって熱を吸収した部分は、肌が赤くなったりヒリヒリしたりすることもあります。

脱毛機から発せられる光は、黒い色素に反応して熱を出す特殊な光であり、通常は毛に含まれているメラニン色素に反応します。
濃くて太い毛が生えているところは光がより反応しやすくなるため、熱によるピリッとした痛みを感じやすくなります。
痛みを感じるということは、肌が多少なりともダメージを受けているということですので、脱毛後には、保湿を行い肌の回復を早めることが必要です。

また、皮膚内にも少なからずメラニン色素はあるため、地肌が黒い人は脱毛により肌が直接ダメージを受ける可能性も考えられます。

いずれにせよ脱毛後には保湿をしっかり行うことで、肌の回復につながります。

脱毛前後の保湿のメリットについては次回の投稿にてさらに詳しく説明いたします!

関連記事

PAGE TOP