店長のブログ

ソレイユの脱毛機について

ソレイユではIPL方式の脱毛機とSHR方式の脱毛機を使用しております。
それぞれのマシンの特徴を生かしながら、お客様のヒゲや体毛の状態に合った脱毛機を使用しております。

最近はSHR方式の機械を使用しているサロンが増えてきておりますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

今回はIPL脱毛・SHR脱毛の仕組みを説明したいと思います。

【IPL理論】
クリニックの脱毛でも取り入れられている脱毛方式。

光の「黒い色素に吸収される」性質を利用して、黒い毛を導火線のように伝って熱エネルギーを「毛乳頭」という毛を作る細胞に送ります。

その熱が毛乳頭へのダメージとなり、毛を作る働きを抑制したり再生能力を無くしてしまうのがIPL脱毛方式です。

そのため、毛が毛乳頭と結合している「成長期の毛」にしか反応はしませんし、黒い毛にしか効果はありません。
黒い色素を持たない金髪や白髪には反応しません。

毛に直接反応する為、パチっと輪ゴムをはじいたような衝撃があります。

 

【SHR理論】
毛乳頭に栄養を与えているとされる「バルジ」という領域に熱を蓄えることで発毛を抑制するという脱毛方式。

毛に熱を与えているわけではないので、成長期の毛以外の毛にも反応する(毛周期関係なし)、

黒い色素も関係ないので金髪や白髪でも施術可能、という脱毛方式です。

毛をターゲットにしていないので、太い毛にはほぼ効き目がありません。

優しいパワーで尚且つ1ショットの出力を細かく分割しますので、痛みは全くありません。

 

ソレイユでは、黒いメラニン色素を多く含んだヒゲや体毛には、毛に直接アタックするIPL方式のマシンで脱毛します。SHR方式のマシンでは効果が期待できないからです。

そして、黒いヒゲが無くなっても白髪ひげがあるお客様は、SHR方式のマシンに切り替えています。
また、濃い体毛がほとんど無くなり色素が少ないウブ毛だけが残っている状態で、うぶ毛も無くしたい!というお客様はSHR方式のマシンに切り替えて、ツルツルを目指して脱毛しております。

2種類のマシンを駆使して日々ムダ毛と闘っております!

 

関連記事

PAGE TOP